森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

引っ越しバタバタ。

 早いもので、学生時代から住んでいた根岸から今月一杯で那須の実家に引っ越すこととなりました。
 
 このブログを読んでくれていた皆様にきちんと報告しなければと思いながら…なんだかんだで直前のご報告となってしまいました。

 私の生まれた那須町芦野という場所はとて~も歴史が深く(太古からの歴史があります)、おいしいお米やお野菜の採れる自然豊かな土地です。また江戸時代には宿場町として栄えた場所でもあります。その町の中に「遊行柳(ゆうぎょうやなぎ)」という名所があります。ここで歌人西行法師や芭蕉が有名な句を残していきました。

 その「遊行柳」の近くに町の施設でもある直売所兼食堂があります。8月一杯でこの食堂が閉店するということで、その後9月半ばあたりからこの場所を使って私がお店を開くことになりました。
 
 ここでどんなことをやるかというと、学生時代からずっとやってきた「ギャラリーカフェ大平食堂」プロジェクトです。このプロジェクトはアートと食で町おこし。もの作りや、古き良き日本の伝統文化、芸術をカフェ(食のある空間)を通して人と人とが繋がっていくこと、また発信していくことを目的としています。

 芸大アトリエ→谷中間間間めめ→根岸そら塾→芦野。私は今まで場所は違ってもずっと同じことを伝えてきました。
 原発事故の問題も山積みですが、地元の方と協力しながら自分の原点でもある芦野で今後今まで以上に躍進していきたいと思っております。

 そのような訳で今週のそら塾もりとみちは引っ越しのため土曜日のみの営業とさせて頂きます。
 今週も那須から届く夏野菜を使ったお料理やハヤシライス等をご提供いたします。

 来月は那須と根岸を往復しながらですが、8月いっぱいギャラリーカフェ「そら塾もりとみち」は営業いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

PageTop

かき氷の夏

 昨日今日と台風の影響か、とても涼しく過ごしやすいですね。

 しかし明日からはどうやら夏らしい気候に戻るよう…。

 そら塾もりとみちは今週からかき氷をメニューに取り入れてみようと思っています。

 どんなかき氷にしようか…。大人も子供も楽しめるシロップを考案中です。もしこんなのでかき氷が食べたいというリクエストがあれば教えてください。また、シロップの持ち込みも大歓迎ですよ★

 また今週も実家から届く新鮮夏野菜も直売します。

 茄子、トマト、キュウリ、大葉、などなど。

 今週も先週に引き続き、夏野菜のカレーや、冷やしそうめん(今週はエスニック風に)、豊彦農園のジャガイモや平田さんのスモークチーズを使ったお料理などをご提供致します。

 打ち水、風鈴、葦簀、かき氷…。
 夏のそら塾でお待ちしています。

 

PageTop

明日から和歌山へ!

 明日、谷中や根岸、那須を通してかかわり合ってきた親友が和歌山に引っ越します。

 和歌山には「農業塾」というのがあるそうです。村に若者を呼び、村おこしをしながら農業を学び、学んだ知識で荒れた農地を復活させるというという事業だそうです。

 そんな訳で、彼女の引っ越しのお手伝いをする為に、今週の土日は私も和歌山に行ってきます。なのでそら塾もりとみちは今週(25、26日)はお休みさせて頂きます。お間違えのないようによろしくお願いします。

 本当に久しぶりの遠出です。和歌山初めてなのでとっても楽しみです。

 那智勝浦というところへ行くのですが、ここは「那智の滝」からとても近くだそうです。滝自体が御神体なんだそうですね。こちらも是非立ち寄ってみたいところです。

 ここ最近、私は乳酸菌を育てていると書いていますが、実はこの米とぎ乳酸菌を教えてくれたのが彼女です。また彼女は日本における農業や健康についていろいろな事を教えてくれました。

 何だかちょっと寂しくなるけれど、彼女も和歌山で頑張るし、私も那須で活動していく事を決めました。
 第六感に忠実に。清き流れに身を任せる事が自然な事だと思えるようになりました。
 無理をしない。気持ちよく表現していく。自然の中で何かを残したいと、絵にしたり歌にしたり…。料理を作ったり、家庭を作ったり。

 そうそう予備校時代の先生の言葉で印象に残っているものがあります。

 「人間はもともと”作る”生き物だ。作物を作る、ご飯を作る、子供を作る、家を作る、町を作る、社会を作る…。だから全ての人間がアーティストである。」と。
 そしてその根本にあるのはただ生きるのではなく活きる為に生きること。生きるという事に真剣になれば様々な”作る”行為もこだわりを持てるようになります。
 
 そしてそれこそ一番純粋で価値のある芸術なんだと思うのです。

 さあみんなで未来を作りましょう!
 

 
 
 

PageTop

世界中に種をまく。2

 ここ数週間書き続けてきたブログの続きです。

 自然環境、身土不二(地元の旬の食品や伝統食が身体に良い。」という意味。)についてとても良くまとめられたサイトを見つけました。良かったら見てください。↓

食べものとは、「地球環境」
http://blogs.yahoo.co.jp/erath_water/62905507.html

 ここにも書かれている通り、農作物は、その国、その土地、その季節にあった、生育が天然自然にすくすくと元気に育つものを栽培し、それを食べることによって、人もより自然のリズムに近づき、体も健康を保つことができるという事です。

 これから私がやっていく活動とは自分の身を以て実証しこの事をきちんと後世に伝えていく事だと思っています。
 

 今日はお友達のイベントで食べる40人分のお弁当を作ります。
 父が掘った破竹と母の作った無農薬お野菜とお米がメイン。なんとか4時までに完成させなければ…。忙しいです。

 今週届くお野菜は先週に引き続き、破竹、わさび菜、トマト、サニーレタス、スナックえんどう、長葱、新玉葱等です。

 「破竹とトマトのカレー、サラダのセット(予定)」他。那須の初夏野菜をたっぷり使ったメニューをご用意致し、お待ちしております☆

PageTop

健康=菌☆そして週末もりとみち。

 ただいま自家製乳酸菌培養中です☆

 乳酸菌の作り方は簡単。精米仕立てにちかいのお米の一番とぎ汁をペットボトルに入れて寝かせるだけです。
たまに乳酸菌の餌として黒糖や岩塩を与えます。
 この作り方は栃木県出身の飯山一郎先生の乳酸菌培養技術を参考にしています。

 シュワッとして甘酸っぱくなれば発酵完了です。うまく発酵すれば味はお酢とかに近い味になります。私はこれをお酒で割って飲んだり、サラダに使ったり、お風呂に入れたり、部屋中に撒いてお掃除に使い、植物に与えたり…。様々な方法で愛用中です。
 実際お腹の弱かった私はビオフェルミンなどのサプリメントいらず。とっても快調です☆

 発酵って本当にすごい。竹の子や山菜が日の出前に急成長するパワーと同じように、菌も良いものであれば急成長します。これらのパワーを持つ良い菌類が体内にいるだけで免疫力はアップします。また、お味噌やお酢、日本酒、納豆、ヨーグルト、ヌカ漬けなども添加物の入っていない物は良い菌がたくさんいます。これらが私たちの健康を守っていてくれるのだな~と私なりに調べた結果分かりました。
 
 ここ近年出てきた除菌剤や洗剤、農薬、それらの科学薬品は私たちの健康を守る大切な菌類も殺してしまっていたのです。
 良い菌が自分の環境にいない事がアレルギーやガンなどの病気の原因になります。

 自分と大切な人達の健康は自分達で守る!今これしかありません。
 
 とりあえずお米のとぎ汁、捨てるには勿体ないです。そしてとってもエコ!どうぞ試してみてください。

 そして今週も実家那須より旬のお野菜が届きました。

 もちろん実家の竹林で採れた竹の子は今回もたくさん届いております。竹の子掘り名人の父と竹の子調理名人の母、2人の共同作業の竹の子水煮を、娘の私が皆さんに提供致します。

 
 ■竹の子ちらしと旬野菜サラダ お味噌汁のセット ¥800
 ■定番 竹の子の煮物
 ■竹の子味噌和え チーズ焼き 等

 また今回は小白井農園のトマトは届きませんが、そのトマトだけで煮詰めたソースを使いラタテュイユを作りました。

 今週の変わり種としては、赤ほうれん草やミョウガタケ、ののひろ(のびる)等です。
 これらは金山味噌で頂くとか、サラダに使います。

 それでは、今週もそら塾もりとみちでお待ちしております。 
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。