森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界中に種をまく。

 今日、実家那須大平家から破竹(はちく)、わさび菜、サニーレタス、姫竹、スナップえんどうや小白井農園のトマト、岸農園の玉子等が届きました。
 
それらを使った今週のメニューは
■破竹そぼろと那須野菜の和風タコライス わさび菜の豆乳スープ 800円
■スナップえんどうとチョリソーのオリーブオイル炒め
■岸農園の玉子かけご飯
■初夏野菜3種(姫竹、トマト、スナップえんどう)
■破竹のピクルスと生ハムサラダ 
■破竹そぼろのレタス包み 等

 どの野菜も国の放射線の基準値を下回ってはいるものの今回の東電原発事故を受けて少なからず汚染されたお野菜です。
 特に那須地方は福島との県境。汚染度は福島と変わらないといって良いと思います。
 
 どれだけ実家や、那須の農家さんが無農薬で安全、おいしい野菜にしようと愛情込めて育ててきた野菜か。
 なのに原発事故により汚染されてしまった。そう思うと悔しくて、情けなくて…。
 
 明日6月11日は今回の原発事故、地震から3ヶ月を迎えます。
 
 先日東電がメルトスルーについて2号機と3号機でも「メルトダウン」が起きていたとする報告書を公表したうえで、圧力容器が損傷し、一部の燃料が格納容器にまで溶け落ちる「メルトスルー」が起きた可能性についても認めました。
 
 様々な事を私に教えてくれた、あるいは思い出させてくれた今回の災害、人災。
 
 全てはここがターニングポイントとなります。

 避難したくてもできない。ここでこの野菜を食べ生きていかなくてはならない。

 私たちはガンや白血病、その他のたくさんの病気に打ち勝つ免疫力をつけなくてはいけません。

 事故が起こってからたくさんの資料や本を読みました。そして同時に乳酸菌を培養しながら気付いた事がたくさんあります。
 
 それはすごく単純な事でした。
 生きる全ての生物、環境は全て同じものから生まれ、帰っていくという事。
 
 私たちはここ数十年人間だけの事だけ、今だけの事だけを考えて生きてきたのだなと。その限界がこの事故を、災害を起こしたのだと考えるようになりました。

 世界のいたる所にある紛争は競争の末起こった事ではないか。
 これらは生命(核心)を無視してきた経済優先の考え方が引き起こしてきたのではないか。

 ホピ族(アメリカ・インディアンの部族のひとつ。「ホピ」とは彼らの言葉で「平和の民」という意味。)という民族がいます。彼らは重要な決定を下すとき、 「七世代先のことを 考えて決める」 という思想を持っています。
 興味深い事にフォーコナーズというホピの住む土地にはウラン採掘所があり、広島市・長崎市に投下された原子爆弾の原料となったウランは、ここから採掘されたものだそうです。

 彼等は言います。世界は今物質への強欲のためにバランスを失っている。「自然との調和」がなされればまだ人間が生き残る道はあると。

 私はなぜかすんなりと彼等の言葉を受け入れる事ができました。私たちが選択し、残していく物事が7世代先に必要なものかどうかを考えて動いていけば、自然と流れは清きものになるのでは。

 種を撒き、愛情を持って育てる。実がなれば私たちはそれを食べます。
 土も人間も同じ。何故農薬がいけないのか。なぜ添加物や科学薬品、クスリがいけないのか。殺菌、除菌は本当に必要?
 
 微生物が私たちのもとです。
 それらが有効に働く事のできる環境が私たちの活きる世界ではないかなと。直感や、第六感に従えば自ずとやらなければいけない事が見えてきます。
 頑張らなくても良い。私たちが心地よいと思う世界は、自然にとっても心地よいものだと気付きました。

 メルトスルーの起こっているこの世界。パラダイムシフトですな。
 (パラダイムシフト…- paradigm shift 時代の常識を覆すような思想転換。)
 

 人と比べて足りない部分を埋めるのではなく、その人にしかない良い部分を最大限に伸ばす。個人も地方時自体もこれからやらなければならないことはこれしかないじゃないかなと思うこの頃です。
 
 

 


 

スポンサーサイト

PageTop

大平食堂@芦野 報告

先週土曜日に実家の那須芦野で行なわれた「大平食堂2010」は見事大成功に終りました☆

RIMG0047_convert_20100730113220.jpg
↑第一部 竹箸作りと竹猪口作り
RIMG0061_convert_20100730113139.jpg
↑毎年恒例花屋のたろーちゃんによる生け花。実家の竹とお庭のお花を使って。
RIMG0114_convert_20100730113316.jpg
↑みんなで作った天婦羅と、功さん監修の手打ちうどん。美味しかったぁ♡
RIMG0122_convert_20100730113402.jpg
↑イベントが終了し、私たちスタッフは温泉とバーベキュー(花火も見れました)。次の日は白河の関へ観光。ここの木々はどれも巨木。何百年も昔からここを守って来た感じがしました。
 
 東京からはるばるやって来てくれたスタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。
 会に訪れた方々が喜ぶ姿を見るのは本当に嬉しい事です。何かを手作りしたり、みんなでご飯を食べたり、素敵な演奏を聞いたり…。私はこれからもこんな事をずっと続けていく様な気がします。
 そしていつかはお祭りみたいにたくさんの人達に参加して頂けたら良いなと思っています。良いものをみんなで共有し、共に成長していければと思います。
 芦野という場所はメジャーな観光地ではないですが、本当に豊かな自然や深い歴史を町の人達が暖かく守っている場所です。私はそんな芦野を拠点にこれからも活動していきたいと改めて思いました。
 
 今回「大平食堂」に参加して頂いた皆さん本当にありがとうございました。心より感謝致します。

 さて今週土日の「もりとみち@そら塾」は通常営業です。また暑さが戻ってくるらしいですが、那須から届く旬の新鮮野菜をたっぷり使い夏バテしないようなメニューを考えています。お楽しみに~☆

PageTop

竹の子掘りツアー 2010

IMGP0832_convert_20100430191251.jpg

IMGP0828_convert_20100430191208.jpg

↑実家の竹の子掘り風景。

昨日、学生時代の友達を連れて、実家那須芦野へ竹の子掘りに行ってきました。
何とか天気も回復し、実家の裏山で竹の子10本収穫しました!

採りたてをすぐに水煮にし、明日そら塾「もりとみち」で、煮物や焼き竹の子、竹の子ご飯にします!

そして明日5月1日(土)は、そら塾にてイベントがあります。

「通風酔狂二人会」

※この会はすでに予約を頂いた方で貸切とさせて頂いております。どうぞご了承ください。

あさって、5月2日(日)、3日(月)は通常営業とさせて頂きます。

那須の旬彩弁当↓
IMGP0822_convert_20100430191439.jpg
先週届いた実家のたらの芽のおひたし↓
IMGP0824_convert_20100430191528.jpg

那須直送野菜、竹の子、カキ菜、大根、トマト、アスパラ、のびる、スナックえんどう、サニーレタス等の旬野菜をお楽しみ頂けます。&那須直送野菜の販売も行なっています♪

春の行楽シーズン、下町根岸のギャラリーカフェ「もりとみち」でお待ちしております★

PageTop

イベント終了☆

 今回で3回目となる那須芦野での大平食堂2009が無事終わり、東京の普段の生活が始まって今日で4日が過ぎようとしています。今写真を見ながらイベントを振り返り様々な思いに耽りながらブログを書いています。
 
 今回初の試みとなる竹細工やミニコンサートは地元のみなさんも喜んでくれたようでやってみて本当に良かったなと思いました。東京からボランティアで来てくれた方の協力のおかげです!心から感謝しています。
 また、今回のメイン「タコライス」やサラダにスープ、そしてデザートは地元の方々にご協力を頂いて地場産のおいしい食材を使って作る事が出来ました。ご協力頂いた皆様、この場を借りて御礼申し上げます。
 
 また、今回は地元の地方紙「下野新聞」でも記事を書いて頂きお陰さまで多数のお客様が来て下さいました。記事を読んでの反響も大きく、懐かしい地元の知り合いの方々からたくさんのメッセージを頂きました。下野新聞社さんに感謝です☆(パソコンからも見れますのでこちらをクリックしてみてください。↓)
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/north/nasu/news/20090911/204071下野新聞

 この大平食堂は私一人では決して出来るものではありません。両親初め、東京から来てくれるスタッフや地元の農家さん等本当にたくさんの方々の協力があってこそ成功するものだと思っています。このご恩を私なりのやり方でみなさんに返したい、そういった気持ちでいつもイベントをやらせて頂いています。
 私の大好きな町、那須芦野を少しでも元気な町にしていきたい、そしてこの緑豊かな町を少しでも多くの人に知って頂きたいと心から思っています。

 次回の大平食堂は来年の春を予定しています。今回よりまた一段と良いイベントになるよう努力したいと思っています。

 それではちょっとだけではありますがイベントの様子を紹介します。

CIMG0728_convert_20090917105146.jpg
↑スタッフと作ったのぼり旗を実家の田んぼと共に撮影。
CIMG0746_convert_20090917105347.jpg
↑デザートをお願いした叔母のとんちゃんと娘のしほちゃん。手作りスコーンは大好評でした☆
CIMG0743_convert_20090917105307.jpg
↑竹箸作り&竹皿作り風景。みなさんとても上手く出来ていましたよ。
CIMG0737_convert_20090917105230.jpg
↑おなじみ谷中の花屋タローちゃんによる生け花。実家の竹に地元の野花をこんなに素敵に生けてくれました。ありがと~!

 さて、先週はお休みしたそら塾ですが、今週からまた再開します。
 今週も那須の食材を直送してもらってお料理を作ります。もちろん野菜の直売も行なっていますので下町根岸にお散歩がてらお寄り下さいませ。

PageTop

あと1週間!

 もうすぐ今年の大平食堂が始まろうとしています。
 今は準備で大忙し☆先週は尺八エイコさんやカクさんにお手伝いを頂いて芦野公民館の門に飾るノボリ旗が完成しました。
PICT0001_convert_20090904113138.jpg
 ミシンが苦手な私に代わり、エイコさんとカクさんが縫ってくれました。こう見えても染料でチマチマと色を塗ったので結構時間がかかりました~。2人ともお疲れさまです!

 さて、今回のイベントのメニューやスケジュールを盛り込んだ2枚目のチラシも出来上がりました。

大平食堂ちらし2_convert_20090904113910
 
 今回は地元の人達に普段の食材をいつもとちょっと違った食べ方で食べてもらいたいとメニューを考えました。
 東京で何度か作っているタコライスですが、那須の新鮮な食材をそのまま使ったらどんなにおいしくなるだろうと今からとっても楽しみです。
 ご飯の他には箸休めにもう2品程のお料理と、叔母の特製デザート、コーヒー等がつきますよ!
 また食後のライブは「武蔵」さんと、「Deu」さんにお願いしました☆こちらものんびり素敵な時間が流れるでしょう。
 詳しい情報は http://kasumiproject.blog117.fc2.com/blog-entry-84.html

 さて、今週のそら塾は、日曜日にメンテナンスを行なうため日曜日はお休み、土曜日のみ開ける事になりましたので、お間違えないよう☆
 それでは!
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。