森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

緑へのオマージュ~水、交わるところ~@芦野



 こちらの画像は10月7日(日)に間間間のヨッちゃん主催でコンサートが行なわれる石の美術館の夜の風景です。
 この建物は建築家隈研吾さんが設計したもので2001年にはInternational Stone Architecture Award において「世界石建築大賞」を受賞しております。
 芦野という町は城下町であり、この石の美術館が建てられている場所は芦野氏がお殿様だった頃の本陣があった場所です。
20070929001138.jpg

 上の画像はふるさと芦野の御殿山と田んぼの風景。このコンサートが行なわれる10月は丁度稲刈りの時期ですね。新米が楽しみです☆
 この新米と那須地方で採れる農産物を使ってお料理を作り、町の人々と東京から訪れる人達が会食を通して親睦を深めるという企画が今回の「大平食堂」のコンセプトと成ります。
 学生時代は良く出張でいろんな土地での大平食堂を開いていましたが、卒業後は間間間喫茶めめの仕事で忙しく、なかなか機会が持てませんでした。今回久々の出張という事もありちょっと気合いが入っております。 
 今回の大平食堂は午後2時から4時まで。ちょっと遅いランチタイムにビュッフェ形式で行ないます。6時半からのコンサートまではのんびりと芦野の史跡を巡りつつ散策をお楽しみ頂き、夕暮れがやって来た頃にこの石の美術館でコンサートが始まります。
 皆様お時間があれば是非☆石の響きが奏でる音楽と秋の味覚をこの芦野という町でお楽しみ頂けたらと思っております。

詳しくは 「かのを工房」http://k-y.jugem.jp/?cid=31


緑へのオマージュ~水、交わるところ~
in STONE PLAZA 那須芦野・石の美術館 

2007年10月7日(日)
開場18:00/開演18:30 チケット:2500円
お問い合わせ・チケット先行予約 : STONE PLAZA芦野
tel 0287-74-0228 http://www.stone-plaza.com/pc/

 もちろん今週土日の喫茶めめでもこのイベントの詳細をお伝えする事が出来ますのでお気軽にお尋ね下さいませ☆

 そして明日の間間間めめは実家から送られてくる旬の里芋を自家製ユズ味噌を塗って田楽を作る予定です。また今週のめめご飯は那須からの産直野菜を使ったグリーンカレー☆。こちらもどうぞお楽しみに~♪ 

スポンサーサイト

PageTop

個展@間間間終了。

20070927111427.jpg


 先週間間間にて開かれたわたしの初個展。多分この会期中、少なくとも100人の方が訪れてくださいました。今思い返しても本当に良い展覧会になったと思っております。
 
 そして展覧会が終わり3日が経ってやっと気持ちも落ち着き、このようにブログを書く時間もでてきました。

 この展覧会で発表した作品は今年春、実家の芦野「ストーンプラザ石の美術館」へ間間間の住人達と訪れた時、「夏澄ちゃんに展覧会を開いてほしい。」と館長に言われたことがきっかけで、3年間絵を描けなかった私がなぜか「描きたい」と強い衝動が込み上げ、一気に作品を作り始めました。
 そしてその美術館での個展の前に一度自分の店で展示をしたいと考え、住人テンコさんに演奏会もお願いし、アートと音楽と飲食のある空間をこの間間間で作り上げる事を目標にこの日までやってきました。

 とにかく、この展覧会で一つ確実に言える事はこの展覧会は私一人では絶対に成し得なかったものだったと言う事です。
 この展覧会では書ききれない程たくさんの人達が協力してくださいました。特にDMを作る所から搬入、そして展示期間中までずっと手伝ってくれたKさん、そして御好意で写真を撮ってくれた写真家Tさん、映像を編集、構成してくれた谷中映画社(町人のみなさん)、その他私の言葉をきちんと通訳してくれたOさんやKさん、お花を持って来てくれたY星人やTちゃん等めめの常連の方々や間間間の住人達、デゥさんカッキー、たい歴の方々。いつも気にかけてくれているTokyo Bikeや「今風庵」、「あん」の皆様方、従姉妹のみなちゃん、何より実家芦野で応援してくれていた両親達や満寿多のマスターとママ。
 その他様々なひと達がいろんな形で協力してくださいました。この場を借りて御礼申し上げます。皆さんがいなければこのような展覧会は出来ませんでした。
 私はこれから皆さんのそのご好意を決して無駄にしないよう突っ走っていくつもりです。いつも言葉が足りなくて皆さんにご迷惑ばかりかけている私ですが、良い作品とおいしいご飯を作り続ける事で皆様に少しでも恩返しが出来たらと思っています。
 
20070927111419.jpg

↑こちらは「秋楽会」で「常磐津将門」を演奏してくれたテンコさん(手前の花はY星人が持って来てくれました)。常磐津紫中さんの三味線の音とテンコさんの唄にまたまた涙がこぼれました。お二人にはとても感謝しています。本当にありがとう☆

20070927111340.jpg

↑こちらはお祝いの花束。Tちゃんからです。

 さて、これからの私のやるべき事は10月7日の実家芦野で行なわれる住人よっちゃん達や「森の人」の石の美術館でのコンサートが成功に終るよう動いていく事です。大平食堂も開くのでこちらも張り切っていきたいと思っています!

PageTop

手ぬぐい、尺八、ハヤシライス、そして…

 先週のめめ。手ぬぐいコマさんによるワークショップが間間間喫茶めめにて行なわれました。
 20070919004146.jpg

 毎週木曜日に間間間にて尺八ワークショップを行なうDeuさんが子供達を連れて手ぬぐい作りにやってきました。いつの間にか間間間の土間では手ぬぐい作り&尺八作り&竹箸作りのコラボワークショップ!?
 地元の方もフラッと訪れてはワークショップ風景を楽しんでいってくれました。。
 この日2日間もかなり大入りな間間間。ご飯ものの根岸満寿多仕込みのハヤシライスも好評に終りました☆
20070919004123.jpg


 なにより、この様なワークショップを開いてくれたコマさん。ホントにお疲れさまでした。そしてありがとう!またコラボりたい気持ちでいっぱいです。

 それでは今週の間間間喫茶めめのお知らせです☆
 今週金曜日から来週月曜日まで谷中間間間喫茶めめにて個展を行う事となりました。お時間がありましたら、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

「森へつづく道vo.1」大平夏澄展
9/21(金)barマクハ 9/22(土)~24(月)喫茶めめ
於:谷中間間間(さんけんま) 東京都台東区谷中5-2-29
大平夏澄平面作品及び写真作品を展示いたします。

展覧館記念イベント
「秋楽会(しゅうらくえ)」…那須町芦野から直送される旬のお野菜と、地元「菊の里酒造」が作る日本酒「大那/生原酒ひやおろし(かなり良い出来と聞いております。)」を飲みつつ心地よい音楽で秋のひと時を楽しむ会。

演奏:彫谷典子×常磐津紫中 
演目:「将門」18:30~
時間:17:30~21;00
御代:お食事代とお飲みもの代 2000円
    演奏チャージ 2000円
当日問い合わせ:03-3821-9118

 今日の一枚。
20070919004225.jpg

 こちらは「秋楽会」でスライドショーとして皆様にお見せしようと思っている実家の竹の子山での一枚です。撮影は写真家太志朗君。

 暑さ寒さも彼岸まで。と言いますが、今週末東京もまた気温が上がるそうで…。谷中アートリンクとかぶる喫茶めめ。どうぞ実家那須「大那/生原酒ひやおろし」で一杯。那須から届く旬野菜と私大平夏澄の展覧会、お楽しみ頂ければと思っております。

PageTop

ハヤシライスと手ぬぐい予告

 明日からの土日、喫茶めめでは久々大学時代はまって良く作っていた根岸満寿多の人気料理ハヤシライス復活です。
 
 日曜日には手ぬぐい集団comacomによる手ぬぐい作りワークショップが行なわれます。午後1時よりよる8時まで。材料費及び参加費500円。おいしいご飯を食べつつ飲みつつ、オリジナル手ぬぐい作っちゃいましょう☆

 そして今日の一枚。
 実家那須町の旧奥州街道寄居宿の下野最北端にある密教寺院「抜苦山与楽寺(開創782~806」のお寺の住職さんが描いた切り絵です。
 この住職さんの息子さんは私の保育所時代からの同級生。今は那須町役場職員で私が実家に帰ると必ずみんなで集まって飲み会をします。やっぱり20年間の付き合いって良いです。うんうん。
20070915012134.jpg


 この絵は那須町に伝わる昔ばなし「九尾の狐」の挿絵です。この九尾の狐と言う物語をはじめ、那須町には数多くの昔話が残されそれをきちんと書籍や演劇(語り部)等で残そうとしている人達がいます。私もその一員になろうとこの1枚を元に絵を描いたりしています。
 明後日の手ぬぐい作りワークショップでも皆さんにとって良い一枚が出来るといいな~と思っております。どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ☆

PageTop

シカパンダ→藝祭

 先週の土日、東京藝大のお祭り「藝祭」の波が流れ込む間間間喫茶めめには、奈良(シカ)と東京(パンダ)と繋ぐアーティストグループ「シカパンダ」が集いました。
 現在、奈良の写真を撮り、絵を描いたりしながら奈良のマップ作り等を行なっているその途中経過の報告会でした。

 みんなで集った後はいざ藝祭へ。

 なつかしい仲間達に次々と出会ってはビールを飲みかわす感じがなんだかすごく懐かしくて「やっぱり藝祭って良い!」と改めて実感しました。
 友達や先輩の作るTシャツや指輪を買って間間間に戻り営業開始。
 
 今週は土曜日が「7種の野菜のクリームカレー」、2日分作ったのが1日でなくなってしまい、日曜日は「野菜と豚肉の黒酢あんかけ丼」を作りました。このどんぶりは6種類以上の野菜と豚肉を炒めてあんかけにし、最後に黒酢でさっぱりと仕上げた逸品。↓
20070912101942.jpg
 
 
 さて、今週の日曜日は手ぬぐいコマさんによる手ぬぐい作りワークショップが行なわれます。みんなでオリジナル手ぬぐいを作りましょ~☆

『手ぬぐいに絵を描いちゃえばいいじゃんワークショップ』
"手拭集団comacom"
期日:9月16日(日)午後1時より
場所:間間間 喫茶めめ 土間にて
参加費:材料費としてお一人様500円をお受けいたします。

 この一年間手探りでやっていた手拭い描きを、半強制的に教えてくれるそうです(笑)。
どうぞお楽しみに~♪

そして、今日の一枚。↓
20070912104159.jpg

花重のタローちゃんが届けてくれた蓮です。立派です☆

PageTop

雨の歌舞伎座、そして向日葵

 昨日台風の銀座まで、一人で歌舞伎を見に行ってまいりました。
 
 先月の私の初歌舞伎は間間間のテンコさんに連れて行って頂いた「八月納涼大歌舞伎」というもので、歌舞伎初心者には丁度良く、解説なしでも楽しめるというのでした。初めての歌舞伎は何とも言葉にならないくらい感激しこれなら一人でも行けそう!と今月も行ってみようとテンコさんに頼んで切符を買いました。
 
 今回は「秀山祭九月大歌舞伎」というもので、玉三郎さんや吉右衛門さん、左團次さん等私が気になる役者さん諸々が出演していたという事と、何よりお話が気になるものばかり。特に「二条城の清正」は一見悲しいお話のようではありますが日本人だからこその忠誠心のようなものがありありと表現されていてまたまた、涙もろい私はほろり。「阿古屋」というお話も琴、三味線、胡弓を弾く玉三郎さんに胸を打たれました。
 
 こんな素晴らしい日本の伝統芸能に触れる機会が今まで無かった事が不思議ですが、こうして見る機会を与えてくれたテンコさんに感謝です。そして、もうちょっと日本の歴史を勉強しなければと思っております。そうそう、自分の生まれた那須町芦野という土地も歴史が途絶える事無く今なお史跡等多く残されている所なのでそれも含めてお勉強ですね☆ 
 
 でもって、今日の一枚。
20070908013816.jpg

 こちらは実家のヒマワリ。先月、自分の写真作品を撮りに行った時のものです。来年も
きれいに咲く事を願って。

 明日の喫茶めめも実家から届く夏野菜で間間間での最後の夏をお楽しみ下さい。

PageTop

カボチャ→カレー→竹箸

 先週の間間間喫茶めめでは埼玉の豊彦農園から届いたカボチャを使い、トマトベースのカレーを作りました。
 野菜も相変わらず那須町芦野から届く茄子や玉葱、ししとう等をふんだんに使い、スパイスを利かせながらも野菜の甘みがやさしいカレーといった所でしょうか。煮込まれたカボチャが甘~く溶ける感じが何とも良かったです。
届いたカボチャ&玉葱↓
20070905004909.jpg

出来たカレー↓
20070905005125.jpg


 そして、先週も行なった竹箸作り。お客さんに作ってもらった菜箸はとても使いやすく、重宝しそうです☆
20070905005542.jpg


 来週は藝祭(東京藝大のお祭り)があり、多分お店を抜け出して遊びに行ってしまいそうな予感です。
 日曜日は奈良と東京を結びアート活動を行なっていく「シカパンダ」が間間間で集います。久しぶりに会う仲間達と最近の近況報告等をおこなう予定です。これも発端は藝祭実行委員の仲間達で立ち上げたプロジェクトなので、報告会が終ればきっと藝祭に足を運ぶ事になるんだろうな~と予測しております。
 学生時代は実行委員か模擬店を出店する側にいたので、藝祭を客側に立って見る事が出来るようになったのはやっと卒業してからです。お祭り好きの私にとって、藝祭は学生時代唯一やりきるイベントの一つでした。
 今年の藝祭も晴れるとビールがおいしいだろうなぁ…と期待する今日この頃。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。