森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

或る、出会いより。

 昨日ある女性に出会った事で、気付き、分かった事を書こうと思います。
 そのある女性とは「はら みづほ」さんといって間間間の住人テンコさんの友人です。みづほさんは広告代理店を退社後、雑誌やラジオで旅をレポートしつつ、6年間、南極を含む6大陸60カ国を単身踏破した方で、その経験から彼女のフィルターを通し、朗読や映像で地球の環境汚染について伝えようとしている方です。
 今回の彼女のトークサロンは主に私たちにとって無くてはならない電気(電力)についてのお話でした。
 ベラルーシ共和国から茨城県東海村、青森県六ヶ所村への映像と朗読でのトリップ。この3つの土地での共通点と言えば、そう「原発」です。
 私自身この問題に対しての知識はほとんどなかった為かこの問題の実際の出来事に対して驚く事ばかりでしたが、彼女の言っている事は遠いどこかの知らない土地での出来事ではなく身近な場所で切実に起こっている問題であると言うことが何よりショックな事でした。
 「原発」。自分たちが生活する上ではそれ程リアルな感じは受けませんが、根本は全て自分の足下に広がる生活という日常の問題なんだと彼女の話を聞いて気付きました。
 
 人間が「生きる」という事は「食べる」という事だと河瀬直美監督の映画「もがりの森」で寺の住職が主演の宇田さんに語るシーンがありました。本当に当たり前のことではありますが人間が生きる為には食べなくては生きていけません。そして自然の恵みによって私たちが生きているという事が重視されにくくなっている今の日本がこの環境問題を生んでいます。
20071031014214.jpg

 こちらの画像は今年8月に実家に帰ったときの私の家の田んぼの風景です。(写真家佐藤君による撮影)。
 実はこの場所から数100m先には粗大ゴミ置き場と産業廃棄物処理場があります。今年に入ってからというもの、この工場の存在に対して言葉にならないくらいの何か強いものが私の胸を打ちつづけています。
 
 そして今回このトークサロンで原子力発電所のある土地に住む人達の事を思いました。地元の人が生活する為にお金を稼ぐ工場が自分の土地と自分自身の体を汚染している事に目をつむらなければいけないのがこの原発の問題です。
 
 みづほさんは言います。コミュニケーションの乏しさ、人々のいがみ合いが争いを生み環境を汚染します。
 何も知らない小さきもの達がある人間の権力やエゴの為に失われていく世界をなくそうと活動している人達がいることを実感し、私も共に戦っていきたいと思いました。
 まず自分の家の電力のアンペアを落とす事からエアコンを極限まで使わない事等。そして資源(エネルギー)は無限では無く限りあるものだと自覚し、そうした資源に対し自ら学ぶ姿勢を持つ事が大切だと彼女は言っていました。自分や自分の愛する人達を大切に思えば難しい事ではないような気がしました。要するに自然や人に対しての感謝と愛が大事かなと☆
 今年一杯の喫茶めめもそうした事を踏まえつつ「食」を通して人々に伝えていけたらなと思った一日でした。

スポンサーサイト

PageTop

ゆる~いサンバとカレーな秋

 今週の喫茶めめ。日曜日のお昼にライブあります☆
 サンバ好きの3人がサンバと邦楽を演奏するバンドです。今回めめでの演奏は3回目。お客様に対しても自信を持ってオススメしてます。この雰囲気、間間間の空間にとてもしっくりくるのです♪
http://www7a.biglobe.ne.jp/~bandafabiana/

BANDA FABIANA LIVE
バンダ ファビアーナ ライブ
2007/10/28(SAN)
14:00~
15:00~
16:00~ 
(3ステージあります)
Chage 500円+ワンオーダー
FILE0012.jpg


 そして、今週のめめのご飯もの。
20071027021430.jpg

 たっぷり野菜とお豆のカレー。今仕込みが終了し、さっきから味見ばかりしています。私にとってカレーは飲み物。そうそうカレーライスという概念よりもカレースープな感覚です。
 お野菜たっぷりのカレーとボサノバを聴きながら、秋の間間間でのひとときお楽しみください☆

PageTop

すき煮丼、ピェンロ、甲州ぶどう

20071023234851.jpg


20071023233602.jpg

 先週のめめ。埼玉で農園を営んでいる豊彦おじさんから大量の無農薬玉葱が間間間に届きました。

 さてさてどんなお料理に使おう…。最近ずっとカレー続きだった事を思い出し、先々週好評だった肉豆腐を私風にアレンジしたすき煮丼なるものを作る事にいたしました。
 豊彦おじさんの玉葱をたっぷり使い、甘辛くじっくり煮込んだ鶏肉と木綿豆腐に自家製温泉玉子と紅ショウガをのせて。自分の好きな味になるまで結構な試行錯誤がありましたがお客様から美味しいとコメントを頂き苦労の甲斐ありと胸を撫で下ろしました。
 
 そして2週間続いた予備校時代からの友達河合さんによる木版画を中心にした展覧会「舫う」も無事終了。なつかしい友人達もたくさん来てくれました。「出会い つながる ということはふしぎで すてきで おもしろい。 舫うたのしさを 来てくれたひとたちに少しでも感じてもらえていたら。」という彼女の思いを実感できる展覧会でした。また何かの機会に彼女とコラボれたらいいなと思っています。お疲れさまでした☆

 さてさて、昨日は久々、根岸満寿多をお休みして、前から是非ともちゃんと会ってお話ししたかった日本画家でもあり彫り師でもあるRさん宅へ手ぬぐいコマさんと共に手みやげをもってお邪魔しました。するとRさんの奥さんがピェンロという中華風(?)鍋を用意してくれていました♪椎茸、魚介、お肉と野菜がたっぷり。ごま油と天然塩、一味唐辛子だけで味付けされた素材の旨味がグ~ンと引き立つあったかお鍋。巨大なカップに次々に注がれるお酒を煽りつつ、心もお腹も満たされた素敵な夜でした。
 
 今日は先日間間間で出会った造形作家のTさんがわざわざ甲府から旬なぶどうをたっぷり持って遊びに来てくださいました。私の自宅にて根岸で美味しいと評判の大学芋を食べながらこれからの制作云々について語り合う数時間が過ぎ、そして今、満寿多での仕事が終わりほっと一息つきながらブログを書いています。人との出会いと美味しいものの話が尽きないな~としみじみ思ってしまいます。
 今週のめめではどんな出会いがあるのだろう。
 そうそう今週も素敵なライブが秋の間間間にて行なわれます。こちらもどうぞお楽しみに☆

PageTop

おでんな秋です♪

 秋らしくなりおでんの季節となって参りましたね。20071019095804.jpg

 こちらは、私が平日に働く根岸の元料亭おでん居酒屋「満寿多(ますだ)」のおでん画像です。
 
 満寿多のある根岸という町は数十年前まで30~40軒の料亭が並ぶ華やかな町でした。私もそんな時代の建物がまだちらほらと残る根岸という町に住み3年が経ち、満寿多のマスターに古き良き江戸の風情と粋なるものを教えてもらいながらこの店の調理補助として働かせて頂いております。
 満寿多は江戸の職人が残した様々な技が残る和風建築の小粋な作りと江戸下町風おでんを楽しむ事の出来る私の一押しのお店です。
 そして私は平日の昼間にこの満寿多の2階部分をお借りしてアトリエとして活用させて頂いております。ここで絵を描かせてもらえるなんてホント贅沢者です。マスター達に感謝感謝です☆

 「満寿多」にてお食事を楽しみたい方は是非とも一度お店にお電話を。おでんの季節という事もあり混雑が予想されますので、お電話にてお席のご確認をお願いいたします。
「根岸満寿多」
日曜祝日定休 18:00~ 最終入店21:30 閉店22:30 
TEL 03-3872-6163

 そうそう、今週の喫茶めめも先週に引き続き「河合誠子展~紡ウ~」が土間にて開催中です♪藝術の秋と共に旬の素材を使ったお料理、今週のおすすめ地酒を古民家間間間にてお楽しみ下さい☆

PageTop

芸者、尺八、長屋、秋茄子

20071017095648.jpg

 昨日は間間間のテンコさんに誘われ、向嶋墨堤組合主催の芸姑衆による勉強会に行って参りました。
 良い緊張感の中、初めて見る芸姑さんの姿勢の良さに思わず私の背筋もしゃんとなり、これを機会に日本の女性らしさを意識してもうちょっと自分を磨こうと思いました。テンコさん、いつも素敵なお誘いありがとう☆

 さてさて、先週のめめでは2つの展覧会を開催。そして先週行なわれた実家芦野の「緑のオマージュ」のライブ映像を見ながら秋の夜長を楽しみました。
20071017095628.jpg

 展示をしていた河合さんはいつの間にか尺八に魅せられたよう。間間間からはテンコさんの三味線と尺八の音が流れる素敵な夕暮れでした。

 そして土曜日にはもう一つ素敵なイベントが根岸の或る三軒長屋で行なわれました。
 私が平日働く満寿多で出会ったWESP(ウエスプ)さん達による築70年の長屋のリノベーションが完了し、そのお披露目会です。20071017095708.jpg

ここで出会った人達がまた新しい出会いへと繋がる場所となる事を願い、私もそこで関わっていく一人として上手く活用していけたらと思っています。
 WESP http://blog.excite.co.jp/wespnagaya

20071017095729.jpg

 そして最近「茄子の揚げ浸し」が美味しいとたくさんの方から感想を頂きましたので、そのレシピをご紹介したいと思います。
 茄子は適当な大きさに切り、味がしみやすいよう包丁で切れ目をいれます。その後じっくりと弱火で素揚げをし油を切ります。だし汁と醤油、ごま油、好みでポン酢やお酢を入れ、刻んだ生姜や大葉、茗荷等を加え、おろしたにんにくを隠し味に。そのタレに茄子を漬け込み一晩寝かせて出来上がり☆旬の秋茄子はぜひとも秋限定の日本酒ひやおろしと一緒に♪

PageTop

間間間にて、紡ウ。



 今週土日の間間間は谷中芸工展とかぶりまして、2つの展示が喫茶めめ営業時に行なわれます。
 1人は美術予備校時代から10年来の友人河合さんによる革小物を中心とした展示販売及び平面作品の展示。
 もう一方は映画「もんしぇん」プロジェクトリーダーアキちゃんが先生を務める予備校の生徒さんによる展示。

 このお二方によるコラボ展示となりました。芸工展期間中という事もあるし、何かとイベント盛りだくさんだったこの間間間にて興奮冷め止まない方々が集う事でしょう☆
 喫茶めめでは先週地元芦野での大平食堂でもお出ししたユズ味噌田楽や小白井農園の絶品トマトを御用意しています。秋の味覚、藝術の秋をどうぞこの間間間にてお楽しみ下さいませ。

※当日は喫茶めめ営業時という事もありますので、ワンオーダーをお願いいたします。
 
河合誠子展『舫う』×谷中アートスタジオ展

2007年10月13、14、(河合誠子展は20、21日も行ないます。)
11:00~19:00(喫茶営業23:00まで)


PageTop

祭りのあと

 10月7日、私の生まれ故郷那須町芦野にて「緑へのオマージュ 水、交わるところ」というイベント、そして大平食堂が開かれました。
 
 イベント前日、めめの常連さん達を引き連れ、いざ芦野へ。
 芦野公民館での大平食堂は町の人達と東京からやってくるお客さん達が共に親睦を深めあう為の食堂と言う事で、めめで出会った人達に協力してもらいながら那須の特産物を使ってのご飯作りをしました。


 この画像は花屋のTちゃんによる生け花(?)。花屋から装飾に使える花を持って来てもらいました☆
20071010122335.jpg

 こちらはミョンとヨカタさん。写っていないけど一緒に来てくれた矢田さんや同級生の真理子ちゃん、マップ作りをしてくれた菊川さん、ヨーグルトを提供してくださった農園の方や、お酒を提供頂いた「那須屋」さん、地元のみなさんにもかなりご協力頂きました。また大平家、薄葉家の皆様本当にお世話になりました。いろいろハプニングもあったけれど無事成功!みんなで作り上げた大平食堂。来てくれたお客様が口々に美味しかったと言ってくれた事や手伝ってくれたみんなが「楽しかった。」「来てよかった。」と言ってくれた事が何より嬉しかったです。

 そして、日が暮れた頃、ストーンプラザ芦野・石の美術館にてコンサート。

 今回は間間間のヨッちゃん主催で、「森の人」、「かのう×神田」の2つのバンドに出演して頂きました。

20071010124107.jpg

 どちらの演奏も本当に素晴らしかったです。来てくださったお客様が「音」を心から楽しんでいる感じが伝わってきました。私自身、楽器や声がこんなにも石建築物の中で美しく共鳴しあう事に感動し、また涙がこぼれました。そして最後にこの4人が即興で演奏してくれたのを聞いている時、この芦野で新しい何かが確実に生まれた様な気がしました。
 
 この日に出会い、交わった人達は私にとって一生の宝物になるような気がします。今回東京から来てくれた皆様、地元芦野の皆様本当にありがとうございました。この芦野という土地でこのようなイベントがまた出来るようこの繋がりを大切にしていきたいと思います。

PageTop

大平食堂@芦野



 こちらは芦野の町を流れる「奈良川」の画像。
 今週日曜日は間間間よっちゃん達による石の美術館でのコンサートが開かれるため、その関連企画として間間間喫茶めめをお休みし、この芦野という町で「大平食堂」を開いてきます。
 
 という訳で、この大平食堂のメニューを発表!

■新米コシヒカリのおむすび3種(日笠農園)
■トマトとアスパラの自家製ユズドレサラダ
・トマトといんげんに那須産のハムを添えて。塩こしょうオリーブオイルのシンプルサラダ。
■ボルシチ 芦野風
・那須のあじさい鶏を地元金沢精肉店で。豊彦農園の玉葱、直売所のジャガイモ、にんじん、いんげん、パセリetcで。トマトベースのポトフ風スープです。。
■自家製ユズミソの田楽
・大根、里芋、こんにゃくに自家製ユズ味噌をのせて。
■茄子の揚げ浸し
・直売所で茄子を。めめで好評な味付けで仕込みます。
■自家製出しまき卵
・岸さんという養鶏場の絶品卵を使用。
■漬け物
・とんちゃんのお漬け物。
■デザート2種
・ケーキ…同級生の真理子ちゃんのお母さんが作る手作りケーキ4種。
・ヨーグルト…ジョセフィンファームと言う農園から無添加ヨーグルトを50人分提供していただきました。ソースはイチヂクやストロベリー等4種。
■谷中コーヒー
・食後に。喫茶めめで愛用の谷中ブレンド。
■お酒(別途)
・那須町で作る大麦を使ったアサヒスーパードライ350ml缶 
・那須「菊の里酒造」大那 特別純米
こんな感じでご用意しております。

只今、助っ人ヨカタさんと共にせっせとランチョンマット作りをしている最中です。
無事成功する事を願いながら…。

PageTop

いよいよ☆



 一昨日、実家芦野へ今週末行なわれるストーンプラザ石の美術館でのコンサート関連企画「大平食堂」の下見、準備に行って参りました。
 上の画像はそんな芦野の道々に咲いている彼岸花の画像。きっと今週末芦野へ訪れてもこのきれいな彼岸花の群生を見ることができるのではと思います。
 
 こうやっていつも芦野の情報をブログでご紹介するといろいろな人から「どうやって行けばいいのかな?」というご質問があります。芦野へ行くにはどういう交通手段があるのかちょっとご紹介したいと思います。
 芦野という町は一般的に良く知られている温泉や高原のある栃木県那須町というところにありますが、那須町はとても広い町で、この芦野のある所は東北自動車道那須I.Cから那須街道へ出てリゾートや高原のある方とは逆の方にに下っていき、黒磯や黒田原方面へ。
 位置としては栃木県と福島県白河市との県境あたりにあります。




 この地図は芦野にある「芦野温泉」という施設への地図になります。お車で行かれる方はこのような地図をご参考に。またカーナビが付いていれば「ストーンプラザ芦野」か「芦野温泉」と入力すれば芦野の町までナビってくれるでしょう。

 電車で来られる方は、東北新幹線那須塩原駅下車、JR東北線那須塩原駅または黒磯駅下車。ここからレンタカーを借りて芦野まで車で30分程度。また、芦野温泉をご利用になられる方はこの温泉までの無料送迎バスが黒磯駅や那須塩原駅から出ていますのでおすすめです。
「芦野温泉無料送迎バス」http://www.asinoonsen.co.jp/koutu/1.html
「ストーンプラザ石の美術館」http://www.stone-plaza.com/pc/jp/index.html

 そんな訳で一昨日芦野帰った私も東京での疲れを癒しに芦野温泉へ。夕方になると料金が半額の630円になるのでそれを狙ってついつい行ってしまいます。天然温泉や薬草の湯、露天風呂もあり、晴れていれば露天風呂で満天の星を見ることが出来ます。芦野温泉から芦野の町まで車で約5分、私の家までは約2分。このイベントに来た際は芦野温泉でゆっくり旅の疲れを癒すのも良いですね☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。