森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お祭り、水菜、尺八、うどん。

 いよいよ冬らしくなってきました。
 
 先週金曜日は久々のお休みだったので、満寿多の常連さん達と一緒に浅草酉の市に行ってきました。
 酉の市は去年と比べると祝日という事もありかなりの人、人、人。連れて行ってくれたおじさん達はみんなこの辺で生まれ育っています。屋台でカステラを買ってもらってそれを食べながら下町特有の冬の風景を満喫。その後は地元の人が集まる下町の中華屋さんで一杯。とろとろにとろける牛すじ煮込みが絶品でした♪


 そして先週めめに届いた水菜。こちらはさっと熱湯にくぐらせおひたしに。実家の柚子とポン酢で作った自家製柚子ポン酢を蒸し鶏と共にこの水菜に合えたおつまみが大好評☆
20071128102315.jpg

 ↓こちらの画像は尺八を吹くお客さん達。たまたまちゃぶ台で相席になったお客さん達が次々に吹き始めて…。しかしなかなかうまくいかないものです。みんな尺八の奥深さに唸っておりました。
20071128102255.jpg

 そしてこの日実家の父が手打ちのうどんも送ってきたので、お雑炊に使っていた野菜たっぷりの中華風スープと煮込んで特製煮込みうどんも作りました。やっぱり手打ちは美味い!(身内だけで楽しんでしまって済みません…)功さんいつもありがとう☆
20071128102238.jpg

 さて来週のめめは大掃除のため土日ともお休みさせて頂きます。今週の月曜日に行なった畳上げと障子張りに引き続き間間間全体の大掃除です。
 皆様お間違えのないようよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop

谷中から鶯谷へ 響くチャンゴのリズム

 先週のめめ。
 寒くなってきたせいか、熱燗と煮物の組み合わせを喜ぶお客様が増えてきました。実家から届く根菜をふんだんに使った筑前煮や大根とヒイカの煮付け、この2つはとても好評でした☆みんなやっぱり家庭の味、気取らない味付けを好むようです。
20071121000238.jpg

 そしてやっぱり人気のめめカレー。お豆や野菜をたっぷり使い、ひき肉と共に炒め、数種のスパイスとじっくり煮込んだあとココナッツミルクとナンプラーで仕上げます。


 この日、ご近所の「谷中ボッサ」というカフェにお留守番をしているチェ君が遊びにきてくれました。彼はチャンゴという韓国太鼓を叩くミュージシャン。早速めめでライブをお願いしました。
20071121000252.jpg

 彼はギターも弾くし歌も歌えるので私も太鼓を叩かせてもらって彼はギターと歌を。 間間間の夕暮れ。お客さんもいつの間にか一緒に歌ったり太鼓を叩いたりギターを弾いたり。ご近所の加藤さんというおじいさんもいらして一緒に即興の音楽を楽しみました。
 そして昨日は鶯谷のバーでめめの個展に続く、私の個展のオープニングパーティ。またまたチェ君にお願いしてライブをやってもらいました。
 最初に私の作った那須芦野の映像を流したあとチェ君が韓国太鼓を打ち始めると周りのお客さんもいつの間にかギターやピアノ、タンバリンを鳴らし始めました。お店中がステージ。彼の太鼓に合わせ初めて出会う人達が音楽を通して一体化した感じがとても素敵で本当に良いイベントになりました☆チェ君ありがとう!
 彼は「木蓮」というバンドをやっていて、来年の春には那須芦野石の美術館でのコンサートをお願いしています。こちらも楽しみです☆
 アートと食と音楽と。私はこれらを通して人々が交わる空間がとても好きです☆そういった素敵な場所をこれからも大事にしていきたいなと思った一日でした。

PageTop

交わるところ。

 只今、今週のめめのカレーの仕込みが終わりました☆今週は野菜とお豆がたっぷり入ったキーマカレーです。
 そうそう先週のめめでの新米を使ったハヤシライスも大好評でした。ホント新米って美味しい!お米万歳です。でもって今週も実家で採れた大根や里芋、柚子や水菜を使ったお料理がおすすめです☆

 そしてご存知の方も多いとは思いますが喫茶めめは今年一杯で閉店となります。来年からは根岸の元料亭満寿多に専念しつつ、間間間近くの「町人」という店で毎週日曜日のみ店を任される事となりました。こちらもどうぞよろしくです。
 
 喫茶めめもあともう一月と思うと最近この間間間という場所で出会った様々な人々の事を思います。
 「水、交わるところ
 …
 川の流れが出会う場所。幸せな交わりを経て、また別の道を行く。」

 

 このコピーは間間間の住人ヨッちゃんが、私の実家芦野でのコンサートと大平食堂のイベントの際に作ったものの一部ですが、実家芦野を流れるこの奈良川の写真のイメージと合わせて私にとってとても大事な言葉となっています。
 そう、間間間という場所も人と人が交わりそして新しい道へ進む拠点のようなところです。ここで出会った様々な人々は川の流れのように自然に集まり共に幸せな時間を過ごしてきました。きっと来年からの間間間もそういった場所として幸せな時間が過ぎていくのでしょう。
 出会うという事は果たして偶然なのか必然なのか。私は今後者だと思わずにいられません。ここで出会った人々は必然的にこの間間間という場所に何かの力によって引き寄せられ出会ってきたのではないでしょうか。
 私はなぜか人々の想いによって残されてきた或る土地の或る建物にいつの間にか引き寄せられていくのを強く感じます。谷中「間間間」や「町人」、根岸の「満寿多」、そして「そら塾」、那須芦野「石の美術館」や実家。このいくつかの場所が私自身を繋げる拠点となっています。
 来年からの私もこの繋がりの中で新しい道を行くような気がします。
 閉店までの約1ヶ月、人と人とが交わるの場所としての喫茶めめ。どうぞ宜しくお願いします。

PageTop

家庭料理なるもの。



 明日のめめは…、久しぶりハヤシライスです。
 今週行った大徳川展(かなりの混雑でびっくり。でもとても見がいがありました。)のあとに、根岸に住んでいながらなかなか行けなかった、そしてずっと行ってみたかった、下町のレストラン代表「香味屋(かみや)」でランチ。そこで食べたのがタンシチュー。お値段は…私の一晩の飲み代くらいしちゃいます。
 でも美味しかった!とろ~り口の中で溶ける柔らかすぎる程の牛タンが何とも言えません。その味を忘れないうちに、和牛タンは高いので牛切り落としを代用、そして埼玉の豊彦おじさん作の玉葱をバターでとろとろになるまで炒めハヤシライスのルーは使わずワインとデミグラスソース、トマトでじっくり煮込みました。
 レシピは平日働く根岸満寿多(ねぎしますだ)のハヤシライスを参考に。いろいろこつがありますが仕上げの熱々カラメルソースを投入するのがポイントとマスターに教わりました☆
 
 町に愛される味ってありますよね。
 柳通りを中心に下町の味が広がる根岸。ここに住んで3年。町の人達ともなじみになってくると、ここに住む人々が昔から愛してきたこの土地ならではの味的なものが私の体にもちょっとづつ染み込んできた様な気がします。
 今日も聞こえたお豆腐屋さんの笛の音。満寿多に向かう路地を歩くと漂う今日の夕ご飯の匂い。そして満寿多の2階で絵を描いていると下でマスターとママが仕込むおでんの良い香りがしてきてきます。
 今日もマスター達とホントに食べたいスパゲッティって?みたいな話になり、やっぱりナポリタンやミートソースだよね、と話してたらなんだか懐かしい母の味を思い出してしまいました。
 家庭料理万歳!誰かの為に作る愛のこもったお料理の方が最高級のレストランで食べるお料理よりも美味しいかもしれない!?
 お客様と間間間の住人の笑顔を想像しながら明日のめめも実家那須町から届くお野菜を中心とした美味しい家庭料理を提供したいと思います。
 
 

PageTop

柚子、竹箸、山梨ワイン♪



 ↑は実家の裏山で毎年採れる柚子です。父がせっせと収穫し送ってくれました(いつもありがとう☆)。
 ぷっくり大きいこの柚子はめめでのお料理に大活躍。柚子の皮は寒サバみりん干しに添える大根おろしや大根とアサリの煮物にもとっても良く合いました。もちろん自家製柚子茶は大好評。この季節ならではのホットドリンクですね♪
 
 そして先週も間間間の土間で行なわれた実家の裏山の竹を使っての竹箸作り↓。常連のYちゃんを筆頭にTちゃんやKさんも加わって竹トンボも作ってました。(なかなか飛ばなかったけれど…でも頑張った!。)
 20071106235224.jpg

 私のマイ箸も作ってくれました☆早速活用してますよ~。Yちゃんありがとう♪

 そして先週の土日、私は残念ながら(めめ営業のため)参加できなかったけれどとても行きたかった日比谷公園での「山梨新酒ワイン祭り」。
 お客さんがちゃんと2本も差し入れで持って来てくれました。
持って来てくれたワインはどちらも赤。フルボディとミディアムボディの2種類。ぶどうの味がしっかり濃厚。まるでぶどうジュースを飲んでいるような…。あっという間に1本がなくなり、2本目…。
20071106235306.jpg

 そうそう先週のめめ、またまた埼玉の農園を営む豊彦おじさんの採れたて玉葱が大量に届きました。早速オニオンスライスにして那須産のトマトと一緒に。辛みがほとんどなく甘い!とお客様からのコメント。近くのカフェにも届けたりお客さん達と分け合ったり。玉葱は煮込みでも炒めでも生でも。他の野菜に比べそう簡単に痛まないので重宝します。おじさんアリガト~☆
 
 

PageTop

霜月、柚子、千鳥ヶ淵



 やっと11月らしい気候になってきましたね。
 私の周りは風邪ひきさんが増えて来て、私も同様、ちょっとだけ風邪気味です。でもこういうときこそ私の体は自然としっかりとご飯を食べて休養をとろうとします。なのでなかなか風邪には負けません。
 
 今日は久々藝大まで。友達のEちゃんの終了制作のお手伝いに行くとたくさんのユズをもらいました。実家からも明日庭先で採れるユズが届きますがその前にEちゃんからもらったユズを蜂蜜に漬けてユズ茶を仕込みました。それで作ったのが↑の画像です。私は寝る前に体を温める意味も込めてちょっとだけ黒糖焼酎を加えました。体がじんわりと暖かくなります☆もちろんお風呂にも浮かべてユズの良い香りを楽しみました。明日もこのユズ茶はめめでお出ししますので是非ともご賞味ください。

 そして今週は友達のSちゃんと日本画家の川合玉堂展を見に千鳥ヶ淵を歩いて山種美術館へ行って参りました。
20071103001013.gif

 最近日本画を良く参考にしながら絵を描いていていますが、画集以外での玉堂さんの絵をちゃんと見るのはこれが初めてでした。 
 実際私は油画科専攻ではありますが、幼い頃好きだったのは実は日本画でした。
 玉堂さんの絵は身近な日本の四季を感情豊かに描いているところが素朴でとても好感が持てます。そして自然の中で生きる農民の姿は今ではとても貴重なものであり、都市の中で生きる人々にとっては特に古き良き時代のふるさとー日本人にとって大切な風景のような気がします。
 
 来週は今東京国立博物館で行なわれている「大徳川展」を見に行こうと思っています。こちらも楽しみです。
 
 さてさて、今週のめめも那須から届く旬の直送野菜をふんだんに使ったお料理、ちょいぬるめのお燗とあったか柚子ハイで季節を味わいましょう☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。