森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

母と歩く。

 朝、母からの電話で目が覚めました。

 「今から東京行くの。今日は空いてるの?」と唐突な電話。
 「うん。夜の満寿多までなら…。」

 急いでシャワーを浴び、洗濯を済ませ外へ出ると天気がいいんだから散歩しなさいとでも言うように雲一つない真っ青な空が広がっていました。まさにお散歩日和。

 上野で待ち合わせをし、郵便局でちょっとした用事を済ませてから昼ご飯を食べにアメ横へ。タンメン

 ずっと行ってみたかったガード下のラーメン屋さん。ここで働くおばさんはご近所に住んでいて以前は同じ湯島のお蕎麦屋さんで一緒に働いていた事もありました。
 満寿多のママ達もここのラーメンは懐かしい味のする美味しい中華そばだよと言ってたのを思い出し母を誘って行く事にしました。
 お店は混んでいて外のテーブルだったけれどラーメンは体を温めてくれたしサービスの餃子もおいしくて大満足☆
 
 陶器市

 その後上野の西郷さんを横切り公園を歩いていると公園の真ん中で陶器市が開かれていていました。お箸や器を見たあと谷中の町へ。三崎坂を下りアフリカ雑貨屋のタムタムさんに渡し忘れていた本を預けてさらに坂を下り三遊亭円朝の墓のある全生庵へ。「それにしてもお寺ばっかりね~。」と母。私もいつも通っている道だけどなかなかゆっくり谷中を歩いたりしすることなかったので改めて寺の多さに驚きました。
 
 坂を下りきったあたりにある江戸千代紙の老舗「いせ辰」さんは私のお気に入り。母を誘って中に入ると2人とも夢中でお店をぐるぐる。私は猫のポストカードを、母は2枚の小風呂敷を買いました。

 お店を出たあと母はコーヒー好きの友人にコーヒー豆を買いたいとずっと言っていたので今度はよみせ通りにある谷中コーヒーへ。豆を煎るまで15分程かかるということで谷中銀座を歩きお茶と陶器のお店へ入りました。日本酒好きな私にお酒をプレゼントしてくれていた母と父の仲人さんに御礼の焼酎カップを購入し早速「いせ辰」で買ったポストカードにメッセージを書いて一緒に包装しました。

 谷中コーヒーで豆を受け取ってから間間間近くのお豆腐屋さんに。めめ時代良くお世話になっていたお豆腐屋さんの奥さんから「最近あなたをケーブルテレビで何度もみてるわよ。」と言われビックリ。そういえば谷中五重塔再建のシンポジウムで私が発言している映像が何度も流れているとマスターから言われたっけと思いながら奥さんに挨拶をして店を出ました。
 
 ちょっと休憩したいなと思って久しぶりに谷中ボッサへ。久々のボッサのコーヒーはめめみたいに手を抜いていない(笑)。ちゃんと挽いてちゃんと煎れてるのが良くわかる美味しいコーヒーに母と私は心も体も温まってホッと一息。ボッサの2人と軽く話をしてから上野駅に母を見送りに行きました。
 
 なんだか谷中を離れてからの方が谷中散策を楽しめるようになった気がするのはなんでだろう。土地とちょっと離れた方がやっぱり新鮮に客観視できるような気がします。
 今日は久しぶりに新宿へ。最近自転車で移動できる距離しか動いていないので都心も新鮮に見えたりするのかな☆
 それにしても母との散歩が楽しめるようになるなんて。母との趣味が似てきたのかなと思ったちょっと素敵な一日でした。

スポンサーサイト

PageTop

あめ ゆき あめ

ゆき

みかん2

 朝起きると、窓に大粒の雨。
 昨日の天気予報では雪と言っていたのにやっぱり雨かと布団を出てご飯を作っていると(ちなみに下の画像があんかけ焼きそばと頂き物の「小太郎みかん」。)雨の音が小さくなりボソボソという音が聞こえてきました。
 窓を開けると先ほどまでの雨が水気を多く含んだ大粒の雪に変わっていました。はんてんを着たまま思わず外に出て雪の中を歩き何枚か写真を撮りました。
 
 今日は満寿多の前に図書館へ行こうと思っていましたが、結局雪もいつの間にか雨に変わっていたのでお部屋掃除に変更。
 なかなか効かないエアコンのフィルターと空気清浄機の汚れを落とし、掃除機をかけるとちょっとした気分転換になりました。
 
 私にとって今はただ黙々と本を読む季節。早く暖かい季節にならないかなぁと思いながら。

PageTop

東京に振る雪は…

雪

 昨日はおでん屋満寿多が終るとちょっと散歩がしたくなって家にまっすぐ帰らずとことことお散歩に出かけました。
 鶯谷駅の北口には元三島神社という神社があります。
 実家では初詣を済ましたけれど住まいのある根岸ではまだお参りをしていないのを思い出し、その神社に行く事にしました。
 何だか空が気になって上を見上げるといつもと変わらないどんよりとした空模様。いかにも東京の空といった感じで星も無く真夜中なのにちょっと明るい。なんの変わり映え無い空なのに妙に気になって何度か空を見上げてながら歩きました。

 神社につく頃ふと何かが私の頬にあたった気がして上を見ると…、数えられるくらいの数の小さな雪がハラハラと舞い降りてきました。なんだか空が気になっていたのはこの雪のせいだったんだぁと思いました。
 
 神社でのお参りを終えてその下のバー(以前私の作品を展示させてもらったお店)に立ち寄り体を温め、もう一度外に出た時には本格的に雪が舞っていました。
 東京に降る雪。
 帰り道空を見上げながら何度も手持ちのカメラのシャッターを押しました。画面に映る雪は何だか星みたいにしか見えない。でもその画像は東京で満天の星空に出会ったような気持ちにさせてくれました。そしてちょっと切ないような嬉しいようなそんな不思議な気分になったのです。

PageTop

ついつい行っちゃうお店。

 昨日も行っちゃいました。谷中「町人」のお仕事が終わるとなぜか行ってしまう中華屋さん、「弥生亭」。この時間に食べちゃいけないと分かっていながらついつい誘惑に負けてしまうお店なのです。

 昨日2日目の町人は10時を過ぎると一気にお客さんがやってきてちょっとてんやわんや。外はとても寒かったらしく、野菜とキノコがたっぷり入った湯豆腐がボンボンでました。2日目という事もありまだまだ緊張しながらの営業ですが、理解あるお客さん達がほとんどなので何とか無事終了いたしました♪
 
 お仕事が終わりあの寒さの中を自転車でぶーんと走っていると私の目の前には赤く光る弥生亭の看板が…。すごくあったかそうに見える店内を見ると「ちょっとだけ。」とまず自分に言い聞かせ、扉を開けるといつもの店員さんがカウンター越しにシャカシャカと中華鍋を振る馴染みある光景に心が安まるのを感じます。
5b0dc99b-s.jpg

 このお店には私が勝手にシャカシャカおじさんと呼んでいるおじいさんがいます。(10代の頃からずっとお店をやっていて、確か今80歳くらいと記憶しています。)
 背筋がぴんとしたおじいさんの動きは熟年の職人技で、いつも変わりなく無駄な動き一つありません。ホント何度見ても全然飽きないです。ここのラーメンが食べたいというよりはむしろあのあじいさんを見たくて通ってしまうという感じです。少なくとも50年以上続けるって私はあまり想像がつかないのですが、やっぱりその店が好きだからこそ続けられるしあの店独自の良い空気を維持できるんだなとも思います。 
 
 とは言っても夜中のラーメンを食べると次の日やっぱりへこみます。当分痩せられそうにないなぁ…(泣)。

PageTop

おいしいものをおいしく食べる。

 今日はおでん屋満寿多は早上がり。
 とは言っても満席フル回転で忙しくはありましたが、早く帰るお客さんが多かったのでいつもより早くお家に帰りお友達からお年始に頂いた「酔鯨」を飲みつつブログを書いております☆
すいげい

 
 今日は「まかない」のお話。
 私が働く満寿多のまかないはいつもお仕事が全部終わってから、お客様のいないカウンターでジャズを聞きながらゆっくりご飯を頂きます。
 ビールと日本酒、おでん、一品小鉢にお漬け物、そして日替わりお料理を時間をかけて味わうひと時は私にとって至福の時。 ママはおいしいものはちゃんとおいしく食べなきゃと言って出来たての美味しいご飯を用意してくれます。ですからまかないではあるけれど食べるのにたっぷり30分以上、ママとマスターの手料理をじっくり味わって一日の締めとなります。
 
 去年めめをやっていた時にお客さんから「このご飯を食べていると死ぬ気がしない。」と言われた事がありました。その時は良く分からなかったけれど、満寿多のご飯を食べていてそれがどういう事か分かった気がします。
 去年出会った人達の中でちゃんと生きてる(活きてる)なと思った人達は食べるときはしっかり食べ、寝るときはちゃんと寝る。そしてそれを原動力にきっちりお仕事する人が多かったような気がします(当たり前かもしれないけれど私自身そうはいかない事の方が多いので…)。
 
 とにかく今日もまかないが美味しかったので(ちなみに半熟玉子のせドライカレー)、美味しく食べる時間を大事にしたいとしみじみ思ったのでした☆
 
  

PageTop

温泉三昧☆

 去年の暮れは私の実家那須にある湯治場北温泉へ。
 那須ICから那須街道を登っていくとそれはそれはお山のど真ん中に古~い温泉があります。
 
温泉

↑が私と矢田ちゃんのお気に入り「河原の湯」。いくつも温泉がありましたが、ここで見た雪景色は本当に素敵でした。時間が過ぎていくのを忘れ舞い散る雪をお風呂の中からずーっと眺めていました。
 
 最近実家の方でもなかなか雪が積もらないせいかこの日のまっさらな雪に心奪われ、懐かしい子供時代を思い出しました。実際子供達は雪の中を駆け回りソリで遊んでいて…。自分がちょっと大人になったのを感じました。

 最終日は那須で有名な「Shozo cafe」でケーキを食べてみんなとお別れ。カボチャのケーキ美味しかったです☆
ケーキ

 温泉ツアーはあっという間に幕を閉じ、実家での年越し、お正月。もう一週間は食べなくても生きていけるんじゃないかと思うくらい飲んで食べて…。体重計が怖くて乗れません。
 
 今日はこれからおでん屋満寿多へ。久々お客さんとしてご飯を食べにいきます。楽しみなり~☆
 
 そうそう明日は私の仕事初め。お仕事としても初日の「町人」です。どうぞお暇な方是非遊びに来てください~!
 そして今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。