森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

下町めぐりん

めぐりん

 今週月曜日初めぐりんを体験しました。
 めぐりんとは…台東区をめぐる巡回バス。北、南、東西めぐりんがあります。なんと100円でくるくると細い路地裏から台東区の観光名所等を回る事ができます。いつも気になっていたけれどこの日初めてめぐりんを乗り継ぎのんびり時間をかけて上野まで行きました。
 
 この日はまずしのばずの池のほとりに住むオカちゃんのところへ。久々にふじ子ちゃんにも会うことが出来て嬉しかったです☆
 その後湯島天神の梅祭りへ。
うめ

 この日はまだ二部咲きくらいかな。それでもなんだかんだと人が集まっていました。きっと今日あたりは見頃かなと思います。
 
 この一週間は何だかずっと下町巡り。ちょっと春らしい風も吹き始めここ数日はBigさんとぐるぐる下町散歩続けています。
 
 最近のお気に入りは入谷の喫茶店「モア」。40年経つというこのお店はなんとコーヒーが250円。マスターの人柄と店の雰囲気に惹かれてついつい行ってしまいます。けれどたまにお馬さん関係で休みの日もちらほらあるので今日はやってるかな~といつもちょっとした不安がよぎります。
 
 それから根岸の「丸昇」さん。大学芋とおでんのお店です。大学芋

大学芋は本当に美味しい!170円でお茶もつきます☆満寿多で働いてるせいかおでんを食べる日はビールを頼んでしまう癖がついてしまっていて昼間からほろ酔い加減です…。
 
 そしてやっぱりここに住むようになってからついつい行ってしまうのが銭湯です。ここら辺にはまだまだ富士山の描いてある古そうな銭湯がいくつもあります。 
 根岸近辺のお風呂屋さんはある程度制覇したけれど今日行った銭湯は浅草の「蛇骨湯」さん。温泉という事もあってお風呂の温度も泉質もかなり気持ち良かったです☆
 
 まだまだ歩けばたくさんあるおもしろ下町風情。春の陽気に誘われて、もうちょっとのんびり下町散歩を続けてみたいなと思っています。
 明日は千駄木にある下町色たっぷりの居酒屋さんで大学時代の女飲み友達と一ヶ月遅れた新年会です。楽しみ♪
 
※前回の那須ブランドマークの画像の件ですが、いろいろ登録商標とか何とかややこしい事がありみなさんに見せる事が出来るのは当分後になりそうです。ごめんなさい。皆さんからのお祝いのメッセージ本当にありがとうございました。きちんと発表が出来るようになった時にきちんとお知らせしようと思っています☆
 また、5月の10、11日に第二回目となる那須芦野ストーンプラザでのコンサート及び大平食堂イベントのお話が出てきています。こちらも随時お知らせしていきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。 

スポンサーサイト

PageTop

まだ夢見心地。本当に嬉しかった事。

 昨日、満寿多の仕事に入る前、実家の父から電話がかかってきました。
 去年の末から地元那須では地域活性化の為に「那須ブランド」という制度を立ち上げそのマークを全国公募していたのですがそのマークが私に決定したとの大ニュース!

 去年実家の母から「那須の人達がこうやって(地域の為に)頑張っているんだから夏澄もやってみなさい。」と言われたのがきっかけですが、いくら今まで絵画を専攻していたといってもデザインとは違うものだしプロのデザイナーさん達に勝てる訳無いというのが正直な気持ちでした。ただ「那須の人達が頑張っている」という言葉が頭から離れず、「那須」という土地への気持ちなら負けないかもとやってみる事にしたのでした。
 喫茶めめ時代、那須の食材を使って料理を作っていたせいか農家の方達に対する感謝の想いは強くあったと思います。また地元の人達が那須という土地の自然や資源を本当に大事にしているのを感じていたのでそういった想いがこういう形で還元できたという事が私にとって本当に嬉しい事でした。これから那須の特産物に私のマークが張られて全国に出回ると思うと…。なんて素敵な事なんだろうとまだ信じられない気持ちでいます。
 
 昨日は仕事が終ると近所のビストロ「NOVOCO」さんへ行ってご報告。このお店のご夫婦はいつも私の事を応援してくれています。こんないい事があったと報告すると私の為にシャンパンを一本開けてくれました。隣に座っていたご近所の寺の住職さんも一緒になってお祝いしてくれて本当にありがたかったです。
 なんだかまだ夢見心地。
 そうそう来月4日には観光と食と農、地域連携フォーラム2008「なすとらん会議」というイベントがエピナール那須で開催します。こちらも参加する予定。楽しみです☆ 

PageTop

女流画家。

 朝起きてカーテンを開けると今年2度目の雪が空から舞っていました。
 今はちょっとみぞれになってきたけれど部屋の寒さは相変わらず。満寿多ママにもらったはんてんを着てブログを描いています。
 
 昨日は合羽橋商店街にある生涯学習センターへ行ってきました。ちゃんと入ったのはこれが初めて。エントランスには台東区の小学生を中心とした児童の絵画や工作が展示されていました。
 子供の絵をじっくり見る機会なんてここ最近ほとんどなかったせいか突拍子のない発想や考えつかないような形や色に驚きつつ、久しぶり楽しく見させて頂きました。

 自分が小さいときはどんなものを描いていたっけと思い出そうとしてもなかなか思い出せない。ただ賞状がほしくていつも夢中で描いていたような気がします。絵を描く時は今の自分の中にあるタブー等はなく、ただその世界に没頭していれば良かったからやっぱり描く事は気持ちよかったんだろうなと思います。今度実家に帰ったら昔描いた絵をもう一度見てみたいなと思いました。

                                                せいえん

 この日センターで「島成園」という人の画集を借りてきました。彼女は上村松園と並ぶ有名な女流画家です。(といっても油画専攻の私は日本画に疎く、ちゃんとこの人の事を知りませんでしたが。)
 予備校時代は油画、大学時代は現代アートを積極的に見てきた私ですが、今はなぜか日本画ばかりに興味をそそられます。その中でも特に女性が描く女性像。男性が描く女性よりも女性が描く事に興味があります。
 男性が描く女性像というのはやっぱり男性的視点から女性を客観視したものですから、どこか女性の持つ美を追求しながら崇拝するような姿勢が見えますが、女性が描く女性像というのはなぜか私はいつも痛々しさを感じてしまいます。
 それはどちらかというと女性の美の裏側にある女しか持ち得ない痛みみたいなもの(肉体的、精神的、社会的にも)のような感じです。といってもうまく言葉にならないものではありますが。
 私が女だからそう見えるだけかなぁ。男性のみなさんはどう思います? 

PageTop

ネコのお話

 いつか書こうと思っていたネコ話。

 私が生まれたとき実家では牛とニワトリと犬とインコと鯉を飼っていました(あといろんな昆虫とかを弟が集めてたかな)。
 友達の家に行ってもヤギやら馬やらそんな動物がいたけれどなぜか実家でのネコの記憶がありません。

 台東区に住み始めるといつの間にやら私の周りにはネコがいっぱいいます。谷中のネコ、根岸のネコ。豊かな町はネコが多いとちょっと小耳にはさみました。
 もちろん?満寿多でも2匹のネコを飼っています。ママは大のネコ好き。ポンちゃんとチーちゃん。私はチーちゃんが大好きです。真っ白でおばあちゃんだけど、鳴き声がとても良いです。いつも満寿多の裏口から顔をのぞかせてみゃあみゃあ言ってます。
 今までは犬か猫どっちが好きと言われると必ず犬と言っていたけれど、満寿多で働くようになりいつの間にかネコが気になるようになってきました。
 
 masu07c.jpg

  私のお気に入りの漫画で「アタゴオル物語」というのがあります。
 10年前美術予備校時代に友達に教えてもらってからずっと読み返している本です。
 ネコの「ヒデヨシ」と人間の「テンプラ」が主な登場人物。ヒデヨシはとにかく大食いの大酒呑みのボンゴ叩きです(これだけでも結構おもしろいと思うけれど…。)こんな仲間と毎晩飲めたら楽しいだろうなといつも思ってしまいます。
 日本の懐かしい風景を「ますむらひろし」さん独自のイメージで描き上げたファンタジー作品です。機会があれば是非!おすすめです。

 明日は久しぶりに上野動物園に出かけます。みんな冬眠してなければ良いけれど…。
 
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。