森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明日は選挙だよ☆

 去年の衆議院選挙を経ての、今回の参議院選挙。

 ずっとモヤモヤしていたし、ずっと大声を出せなかったここ数年。
 約半年前の選挙の時も記事を書きましたが、今回の選挙についてもまた記事を書きます。

 前回の選挙までに気付いたこといっぱいあるし、加えて今回の選挙までに気付いたり、学んだこともいっぱいありました。
 前回の選挙では期待したこともいっぱいあったし、ちゃんと日本はシフトするんだと勝手に思い込んでいました。でもでも私は本当にとっても甘かったんです…。選挙に対する期待が大きかった反面、すっごくショックなこともたくさんあったように思います。

 あれから数ヶ月。政権を取った自民党は本当に嘘つきだった。私はTPPに関して自分なりに情報を集めてメリットとデメリットを比較しました。だれが何と言おうと日本にとって私たちにとって圧倒的にデメリットの方が多かったので、もしこんな不平等な取引をアメリカとしなければならないのだとしたら、私はもう日本を出るしかないなと思ったくらいでした。

 そして原発再稼働から原発輸出…。世界一安全な原発を売り出すって、オイオイっ!そんなこと言って世界の笑い者もいいところ。だれが一体どんなカタチで責任取るの〜?取らないでしょ?今だってあんな世界的に人類初の大事故起こして誰も責任取ってないよ。というか取らなくても良いってことで続けてたんだってことが分かりました。
 何となく感じてた、世の中は決して私たち庶民のものではなく、ちゃんと1%の人達が得をする事になるってことだったんだって良くわかりました。
 戦争も然り。満州行って戦争で人殺してきたおじいちゃんに私が宿題で戦争について質問しても一言も何も言ってくれなかった。当たり前だと思います。なんで人を殺しに行かなきゃなんないのか。何の為に?国家の為に?自分の家族がなんで人を殺しに行かなきゃなんないんだろう。私はずっと小さな頃から戦争だけはダメだって、ずっと言われてきたし、そういう漫画や本もたくさん読んできた。日本の憲法改正して戦争できる国にする事は本当に私から見たらすごくかっこわるい。なんで日本のトップと言われるような人達がこういう事を言い出すのか全然理解できません。三宅洋平さんの言葉を借りるならダサイ。まだ、競争しますか?まだ争いますか?そんな暇全くないと思います。人が人種や国境や宗教で差別したり、競争したり、奪い合ったり、そんな暇はないんじゃないでしょうか?

 自分達が生きるっていうことは食べることです。芦野に戻ってから、私は本当に豊かな生活をしています。お金は全然ないけどすっごく豊かです。地元のじいちゃんばあちゃんがいて、みんなで組合作って芦野の食料自給率を守ってきました。里山と美しい田園風景をずっとずっと守ってきた。それは私にとってみたら奇跡に近い事なんです。この世の中でちゃんとしたものを自分の大切な人達に食べさせたい。みんなの健康を守りたい。その当たり前のことをずっとやってきたんです。すごいと思いました。でもなんでこんな美しい町なのに若い人がいなくなっちゃうんだろう。なんで帰ってこないんだろう。なんで子供を作らないんだろう。
 でも全部繋がっていました。3.11以降一生懸命いろんな情報集めました。とりあえず吸収して自分なりに消化してきました。そしたらすごく簡単な事だったんです。コミュニケーションが取れていない。本当に大切な事についてここ数十年、世代間できちんと話し合ってこなかったんです。そしてしがらみが増え、それが嫌で帰ってこないんじゃないかなと考えるようになりました。
 今では別に地方に仕事がない訳じゃないんじゃないかと思うんです。みんな田舎から出て行くのは地方に仕事がないからだと言っていたし私もそう思っていました。でもそれだけじゃないんです。しがらみだとわかりました。みんな何かに思いっきり縛られていてその思考から抜け出せないようにマインドセットされているんじゃないかと思うようになってきました。

 大企業に入ったり、官僚になったり、都会でお金持ちになんなきゃ負け組だって言われ続けてきたからです。だから田舎に戻って細々と家業を継いだり、ちょっとのんびりしていたりするとあいつはどうだこうだって言われるから帰ってこないんじゃないかなと思うようになりました。

 田舎で小さい農園やったり、歌唄ったり、絵を描いたり、小さいお店細々やったりはだめなのかな?
 ダメじゃないけどおじさん達は多分戦ってほしいんじゃないのかなと思いました。となりと競争して勝ったり負けたり、大きかったり小さかったり、強かったり弱かったり、有名だったり有名じゃなかったり、どっかと比べる事が前提だったんじゃないのかなと思うのです。

 今若い人達はもういいじゃないかって思っていると思うのです。もう競争したくないんです。奪ったり奪われたりしたくないんです。自分は自分のやりたい事したいし面白い事したいんだと思います。今の時代を受けて文化を創りたいんです。地方に資源がたくさんあります。美しい自然がたくさんあります。これ以上汚さずに、私たち人間とバランスのとれた地球を取り戻したい。

 戦争も戦争したい人達が戦場へ行く訳ではないですよね。私たち庶民が行かされるんです。いつでもどこでも。経済の為だ、抑止力の為だ。あそこの国より劣ってる劣っていない。比較する事がどこにも行き着かないのを私たちはもう学んでいるんですよね。

 長くなりましたが、今日緑の党の三宅洋平さんの選挙フェス見て、私も立候補しちゃおうかと思っちゃうくらいワクワクしました。ちゃんと新しい世界にシフトしているっていうのを感じられました。もちろんシフトするのはすっごく勇気もいるし痛みも伴うし、時間がかかります。誤解も生むし、労力もいる。でもそっちの方があきらかに自主的に動ける、活きたいって思える世界なんです。だから期日前投票で今日一票入れました。

 明日すぐに目に見えるカタチで何かが変わる訳じゃないです。でも目に見えない何かは既に変わり始めている。
 私はそう感じるので明日も活きようと思います。そしておやすみなさい。
 
 P.S 明日は選挙に行こう!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。