森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祭りのあと

 10月7日、私の生まれ故郷那須町芦野にて「緑へのオマージュ 水、交わるところ」というイベント、そして大平食堂が開かれました。
 
 イベント前日、めめの常連さん達を引き連れ、いざ芦野へ。
 芦野公民館での大平食堂は町の人達と東京からやってくるお客さん達が共に親睦を深めあう為の食堂と言う事で、めめで出会った人達に協力してもらいながら那須の特産物を使ってのご飯作りをしました。


 この画像は花屋のTちゃんによる生け花(?)。花屋から装飾に使える花を持って来てもらいました☆
20071010122335.jpg

 こちらはミョンとヨカタさん。写っていないけど一緒に来てくれた矢田さんや同級生の真理子ちゃん、マップ作りをしてくれた菊川さん、ヨーグルトを提供してくださった農園の方や、お酒を提供頂いた「那須屋」さん、地元のみなさんにもかなりご協力頂きました。また大平家、薄葉家の皆様本当にお世話になりました。いろいろハプニングもあったけれど無事成功!みんなで作り上げた大平食堂。来てくれたお客様が口々に美味しかったと言ってくれた事や手伝ってくれたみんなが「楽しかった。」「来てよかった。」と言ってくれた事が何より嬉しかったです。

 そして、日が暮れた頃、ストーンプラザ芦野・石の美術館にてコンサート。

 今回は間間間のヨッちゃん主催で、「森の人」、「かのう×神田」の2つのバンドに出演して頂きました。

20071010124107.jpg

 どちらの演奏も本当に素晴らしかったです。来てくださったお客様が「音」を心から楽しんでいる感じが伝わってきました。私自身、楽器や声がこんなにも石建築物の中で美しく共鳴しあう事に感動し、また涙がこぼれました。そして最後にこの4人が即興で演奏してくれたのを聞いている時、この芦野で新しい何かが確実に生まれた様な気がしました。
 
 この日に出会い、交わった人達は私にとって一生の宝物になるような気がします。今回東京から来てくれた皆様、地元芦野の皆様本当にありがとうございました。この芦野という土地でこのようなイベントがまた出来るようこの繋がりを大切にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>デューさん
まずは冬に竹採り行きませんか?
冬の那須はやっぱり温泉と餅つき、あったかお鍋、手打ちうどんでほっこりと☆

かすみ | URL | 2007年10月12日(Fri)10:02 [EDIT]


よかちん

また楽しみが増えた

芦野には
きっと来ます

今日谷中でT郎と合ったよ

デゥ | URL | 2007年10月11日(Thu)21:24 [EDIT]


>あぽじさん
自転車ではるばる黒磯から芦野まで!ちょっとビックリでしたがお疲れさまでした☆
またきっとやります。今度は春の山萌ゆる季節を目指して♪

かすみ | URL | 2007年10月11日(Thu)10:04 [EDIT]


次回、距離は縮まる

大平食堂では、美術館お隣の方とお話させていただきました。
帰りの時間の関係で、ヨッちゃんの歌は練習でしか聞けず残念でした。

が次があれば、私にとっての黒磯と芦野の距離はだいぶ縮まるでしょう。
少なくても、道に迷った6キロ。
そしてパンクを修理して電動自転車で行きます。
距離はともかく坂が…

それでも道端のリンゴ販売のおばあさんや
犬を連れた散歩の方など
いろいろお話できましたよ。

あぽじー。 | URL | 2007年10月11日(Thu)00:46 [EDIT]


>岩本さま
このように何かの縁でこの芦野という町に来て頂いた事、そしてこうしてメッセージを書いて頂きまして本当にありがとうございます。
これからも長期に渡り、このストーンプラザを拠点にイベントを催していこうと思っております。このブログにて芦野と東京都台東区を繋ぎ活動していく経過を報告していきますので興味があれば覗いて頂ければと思っています☆
>こまさん
「那須」は「茄子」じゃないよ~!でも春あたりまたやりたいなと思っているからその時来るなりよ~☆竹の子時期ね♪

かすみ | URL | 2007年10月10日(Wed)23:17 [EDIT]


おいらも茄子に行きたかったなぁ。。。

コマ | URL | 2007年10月10日(Wed)21:59 [EDIT]


芦野の夕べに寄せて

私は宇都宮在住の岩本と申します。ストーンプラザをネットで調べていたら、たまたま『森へつづく道」に出会いコンサートの情報を知りました。
ある企画を計画中なので、さっそく会場にチケットを予約して出かけました。会場も企画も大変に興味深く、アバンギャルドでちょっとニューヨーク的でありました。若い芸術家の集団が,そのセンスを生かして活動するのは頼もしい限りです。芦野という所もなかなかに懐深い良い所でしたが、残念ながら大平食堂は時間の都合で間に合いませんでした。
群馬の桐生にある有隣館のように、古い倉を生かして質の良い文化活動が発展できるといいですね。
大昔ですが芸大のピアノ科を出た私としては,ピアノがある会場が案外無い事が多いので、ピアノがあるという条件が恵まれていると感じました。
後輩の若い方々の道が喜びの森へとつづく事をお祈りします。
長々と失礼しました。

岩本眞砂枝 | URL | 2007年10月10日(Wed)17:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。