森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週のそら塾もりとみち

 昨日そら塾は、雑誌「料理男子」の企画で一日コーヒー屋さんになりました。
 
 京都の焙煎家「オオヤコーヒ焙煎所」社長の大宅さんが、お客さんの好みに合わせ一杯一杯丁寧にコーヒーを煎れてくれました。
 様々な豆を注文が入った時点でミルで挽き、ぬるめのお湯でじっくり抽出します。
 私はハワイのお豆をホットで。味は濃厚で雑味がなく、と~ってもおいしくかったです☆しっとりとした風情のあるそら塾の雰囲気で飲むコーヒーは特別に感じました。いつもはお客様を迎える立場ですが久しぶりにお客さんとしてそら塾にお邪魔したということもあるかもしれません。

 さてこのイベントは「料理男子」という雑誌の発売記念イベントだったのですが、今回の号はカレー特集です。

 この本を読んでいたら無性にカレーが食べたくなりました。なので、今週のもりとみちはカレーを作ろうと思います。暑い夏はやっぱりカレーですね。どんなカレーにするか本を読みながら色々とイメージを膨らませている所です。

 また、今週はたくさんのキュウリが届きますので、一年ぶり「キュウリの翡翠スープそうめん」を作ります。

 そして、母作の茄子で揚げ浸しや小白井農園のトマトソースでラタゥイユ、また旬彩の冷や奴や豊彦農園ジャガイモでポテトフライ等。

 今週も旬の那須野菜を使ったお料理、そして直売をいたします。

 暑くなってきましたが、そら塾は3台の扇風機を回しているので意外と涼しく感じます。

 今週も下町長屋そら塾でお待ちしております。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。