森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さとやまの冬 文化を紡ぐ

download_convert_20120205170546.jpg

 ↑店(遊行庵茶屋)から見える芦野の雪景色。

 この画像は2週間程前に降った大雪の時の芦野の風景です。東京に居た時は見ることがほとんどなかった大粒の雪。私の家はまだ雪が溶けずに残り、長~いつららが垂れています。

 小さい頃は当たり前だった雪景色や氷の風景。記憶を探りますが、なかなかあの時の景色は甦って来ないので、今年観たこの雪は何だかとても美しくそして新鮮に私の目に映りました。 

 さて一月から隣の野菜直売所が平日お休みとなる為、遊行庵茶屋は毎週月火曜日をお休みとさせて頂いております。
 先週はこのお休みを利用して東京へ行ってきました。
 目的は2つ、森アーツセンターで行なわれている歌川国芳展へ行くことと、渋谷UPLINKで上映していた「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画を見に行く為でした。

 どちらもとっても良くて、ほんと東京まで観に行った甲斐がありました☆
 とくに映画の方は自主上映なのでたまたまタイミングがあって見ることができたという感じですが、本当におすすめの映画です。機会があれば是非!
 ちょっと紹介しますと、山口県祝島という長い歴史と大自然と共に生きてきた島民が、生活の基盤を壊そうとする原発建設に町全体で意識を持ち反対運動を展開していくといったドキュメンタリー映画です。新しいエネルギーの作り方、使い方を探りながら社会のシステムそのものをシフトしていく為私たちは何を学び何を選択していくかを問いただすといった作品でした。こちらがリンク先です↓
 http://888earth.net/introduction.html
 
 3.11以降私が那須に帰った理由の一つに、出来る限り食べ物もエネルギーも自給自足に近づけたいという願望がありました。那須の食に関しては一年中魚介類以外は全て自給出来るくらいに多様な作物が実ります。またエネルギーにしても温泉があるので地熱発電も出来るし、小水力発電や風力発電だってできる。様々な可能性を秘めた土地です。つい最近まで人も自然もきちんとバランスをとって共に歩んできたのだと思います。
 原発事故以降この豊かな土地を後世に残したいという想いはより強くなりました。うまく実現すれば那須を拠点に日本全体をシフト出来るのではとも考えてしまった程です。
 その為に出会うべき人達が今日本中で様々な形で繋がってきている気がします。不思議で素敵な出会いに感謝の日々です。
 
 さてまだまだ寒い日が続いています。何より免疫力をアップさせ病気にならない体作りをしていきましょう♪


http://888earth.net/introduction.html

 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。