森へつづく道

那須町芦野出身。学生時代よりアート×食×農をテーマに活動中。このブログでは大平夏澄の企画もろもろを報告してゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

家庭料理なるもの。



 明日のめめは…、久しぶりハヤシライスです。
 今週行った大徳川展(かなりの混雑でびっくり。でもとても見がいがありました。)のあとに、根岸に住んでいながらなかなか行けなかった、そしてずっと行ってみたかった、下町のレストラン代表「香味屋(かみや)」でランチ。そこで食べたのがタンシチュー。お値段は…私の一晩の飲み代くらいしちゃいます。
 でも美味しかった!とろ~り口の中で溶ける柔らかすぎる程の牛タンが何とも言えません。その味を忘れないうちに、和牛タンは高いので牛切り落としを代用、そして埼玉の豊彦おじさん作の玉葱をバターでとろとろになるまで炒めハヤシライスのルーは使わずワインとデミグラスソース、トマトでじっくり煮込みました。
 レシピは平日働く根岸満寿多(ねぎしますだ)のハヤシライスを参考に。いろいろこつがありますが仕上げの熱々カラメルソースを投入するのがポイントとマスターに教わりました☆
 
 町に愛される味ってありますよね。
 柳通りを中心に下町の味が広がる根岸。ここに住んで3年。町の人達ともなじみになってくると、ここに住む人々が昔から愛してきたこの土地ならではの味的なものが私の体にもちょっとづつ染み込んできた様な気がします。
 今日も聞こえたお豆腐屋さんの笛の音。満寿多に向かう路地を歩くと漂う今日の夕ご飯の匂い。そして満寿多の2階で絵を描いていると下でマスターとママが仕込むおでんの良い香りがしてきてきます。
 今日もマスター達とホントに食べたいスパゲッティって?みたいな話になり、やっぱりナポリタンやミートソースだよね、と話してたらなんだか懐かしい母の味を思い出してしまいました。
 家庭料理万歳!誰かの為に作る愛のこもったお料理の方が最高級のレストランで食べるお料理よりも美味しいかもしれない!?
 お客様と間間間の住人の笑顔を想像しながら明日のめめも実家那須町から届くお野菜を中心とした美味しい家庭料理を提供したいと思います。
 
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめますて。
昨日頂いたお料理に、こんなに温かい背景があっただなんて、おいしさ反芻してます。

fullむっoon | URL | 2007年11月12日(Mon)00:13 [EDIT]


読んでたら、おでんが食べたくなりました。その前に那須の野菜も食いたいね。

こうじ | URL | 2007年11月10日(Sat)17:04 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。